活動概要

活動概要

当法人は 子どもから高齢者まで 健康な人認知症などの何らかのハンディのある人も 誰もが安心して暮らせる地域づくり を目指して活動しております。

じゃんけんぽんの地域包括ケアシステム構築にむけた取り組み

00_JKP

フォーマル事業(介護保険サービス)


認知症グループホーム

たとえ認知症が重度になって自宅での生活ができなくなっても、住み慣れた地域で暮らし続ける支援をしています。

認知症デイサービス

認知症の方が日中安心して生活できる環境を日常的提供し、家に帰っても穏やかに生活できるように支援しています。

小規模多機能型居宅介護

要介護度のみにとらわれず、周辺環境も含めたご本人のニーズを見極め、住み慣れた自宅や地域で最期まで活ききる為の支援をしています。

看護小規模多機能型居宅介護(複合型サービス)

小規模多機能型居宅介護に訪問看護機能を追加し、要介護状態に加え医療依存度が高くなっても、住み慣れた自宅や地域で最期まで活ききる為の支援をしています。

定期巡回随時対応型訪問介護看護

24時間いつでもつながる・駆けつける訪問サービスです。1日複数回のコマメな定期巡回を中心にご自宅での生活をご支援します。

居宅介護支援事業所

単なる介護保険サービスの当てはめ作業に完結することなく、高齢者が「住み慣れた地域でいつまでも暮らすことのできる」ことを目的とした中立公平なケアマネジメントを実践します。

インフォーマル事業(NPO活動)


福祉移送・助け合い

介護保険や障害者自立支援の制度の狭間にあり、支援を受けづらい外出などを伴うニーズに地域の住民間の相互助け合いの気持ちで応えています。

居場所づくり「近隣大家族」

”居場所”という言葉には建物や場所だけでなく、その空間・時間の中で営まれる楽しみや役割り、自由や満足、仲間などなど様々な意味があると思います。そしてその意味と同様に沢山の効果が期待できると考えています。そのような居場所づくりを地域内に普及させる活動をしています。

配食サービス

配食サービスを通じてボランティアスタッフが在宅高齢者等との日常的なコミュニケーションを図ります。それによって、楽しい会話や相談の相手、生活変化や認知症などに関わる問題の予防と早期発見、専門機関との連携などの支援をさせていただき、在宅生活の継続のお手伝いをしています。

地域で認知症の人を支える啓蒙活動

群馬認知症ボケ一座とキャラバンメイトのセットの活動で地域住民や職域団体等の認知症サポーターを養成し続けています。また、地域密着型サービス事業所や民生委員や福祉関係組織や医療機関や行政等に連携体制構築を呼びかけながら、地域内の認知症早期発見と早期支援ができるネットワークづくりを進めています。

研修センター

認知症サポーター講座、福祉移送運転者講習、ヘルパー講座や介護職のスキルアップとモチベーションアップにつながる研修の企画・開催をしています。

自然体験部「赤城わらべの谷・わらべの里」

将来地域を担う子供たちが逞しく活きていける為に情操を育む体験教育を赤城の大自然の中で実践しています。