被災者支援に関する主な取り組み状況

被災者支援に関する主な取り組み状況

開催日 取組み内容 資料
H24 7/21~23
7/23~25
8/6~8
上記3回、2泊3日の日程にて原発事故の影響により、外で
遊べない子ども達をお招きして自然体験活動を実施しました。
(蓬莱まちづくりコミュニティぜぇね共催バスツアー)
  
5/30 高崎市市民活動団体有志4団体の協働による「つどいの会」を
5月30日を開催します。詳しくはチラシをごらんください。
こちら
4/10~ 定期的に近隣大家族で実施しています震災で避難されている方を
対象とした「つどいの会」と群馬司法書士会の連携について
群馬司法書士新聞の震災対策特別号で取り上げられました。
こちら
12/7~ 居場所づくり拠点「近隣大家族」で、福島県などから
避難してきている方の”仲間作りの集い”を開始しました。
今後もご要望にお応えして継続します。
  
H23 8/20~22
8/18~20
7/26~28
上記3回、2泊3日の日程にて原発事故の影響により、外で
遊べない子ども達をお招きして自然体験活動を実施しました。
(さわやか福祉財団共催バスツアー)
  
7/30~31 原発事故の影響により、外で遊べない福島県郡山市の小学生ソフトボールチームを招いて、親善試合と自然体験活動を実施しました。   
6/17~ 高崎市内避難者への支援を目的として居場所拠点「近隣大家族」に
「福島民報」「福島民友」「群馬司法書士新聞」設置開始。なお、
福島県地方紙については現地より定期的にお送り頂いております。
現地の様子をご覧になりたい方はお気軽にお越し下さい。
(バックナンバーもあります)
  
3/25~4/23 気仙沼市内の避難所等に介護職員派遣実施
(5~7日ずつ合計7名)
  
3/17~ 支援物資活動開始(4月8~9日にて、群馬県地域密着型サービス連絡協議会のキャラバン隊より現地介護事業所に直接手渡す)   
3/14~ 義援金活動開始