この仕事に就こうと思ったきっかけ

以前は全く別の仕事をしていました。前職を退職し、仕事を探していたところ、ハローワークで働きながら資格が取れるということでじゃんけんぽんを紹介してもらったことがきっかけです。

自分自身、祖父母と一緒に暮らし、自宅で看取った経験があり、介護は特別なものではなく身近に感じてきたので、介護の仕事に対してハードルは高く感じませんでした。

 

仕事のやりがい

一番良かったと思うことは介護の仕事を始めてから考え方や価値観が大きく変わったことです。

これまでの自分は物欲主義のようなところがあり、人に対してとがっていたところもありました。しかし、今は大きな目・大きな心で見れるようになり、背伸びせずに自然体でいられるようになったと思います。これは介護の仕事だからだと思います。勤め始めて8年が経ちましたがトップの方の考え方に触れ、色んな経験させてもらい、人として成長することができたと思います。

50歳を過ぎましたが、まだまだ勉強もでき、この年でも人間が豊かになることができるんだなあと、ありがたく感じます。

また、ここはキャリアアップできることが素晴らしいと思っています。

どのくらいのレベルに達するとそのポジションになれるのかが分かりにくい会社もあるかと思いますが、ここはキャリアアップに関して明確に見えるので上まで頑張っていこうという気持ちがある人にはやりがいに繋がると思います。

 

仕事で大切にしていること

利用者さんにとって何がベストなのか、何が幸せなのかを考え、その人に必要な支援を見極めることです。そのためには利用者さんと話をして深く知る必要があります。

沢山の利用者さんをみないといけないので、とことん時間をとることは難しいですが、お風呂やトイレ、お茶の時間など、うまく時間を使うように意識しています。出社前に今日はどうやってその時間を作ろうか、空いた時間で何をしようか考え、自分のモチベーションも高めるように意識してやるようにしています。

 

がんばりたいこと

一人でも多くの人に介護の良さを知ってもらいたいです。

介護の仕事は少し低く見られているようにも思いますが、自分は実際に働いて絶対そうじゃないと思っているし、誇りをもって働いています。

あの人みたいに楽しそうに働けるなら介護もいいかなと思ってもらえるように自分が生き生きとしていたいと思っています。自然と近所の人にも介護してていつも笑ってて、いいなと思ってもらえるようにしたいです。そういうところから介護っていいなと思ってもらいたい。

一人でも多くの人に伝えていけたらと思っています。

 

インタビュー 2020/11