この仕事に就こうと思ったきっかけ

元々は保育士として働いていました。祖父母が認知症になったことがきっかけで関わり方を勉強したいという思いで当時のヘルパー2級の資格をとり、デイサービスでも働いていたことがあります。
その後、家族が病気になり闘病生活の中でたくさんの看護師さんに出会いました。看護師さんの関わり方で患者さんの気持ちが変わることを実感し、存在の大きさを感じました。病院での生活も長かったのですが、家族が家に帰ってきてから在宅の良さを実感しました。たとえ状態が思わしくない時でも、家族が一緒にいられたり、好きなときに好きなものを食べ、“ここで生きている”ということを実感し、表情が良くなり少しずつ自分らしさを取り戻していく様子を目の当たりにしました。長い闘病の末に家族は他界しましたが、この経験がきっかけで自身も看護の資格をとりたいと思い、准看護の学校に通いました。

 

じゃんけんぽんに来たきっかけ

資格取得後は病院などで看護の技術について学んでいった方が良いかと考えたこともありました。そんな中、参加した合同の就職説明会で「その人の暮らしを支える」という言葉に惹かれ、じゃんけんぽんのお話を聞きました。お話を聞く中で、職員を大事にしているという言葉や資格取得の支援なども積極的に行い、看護も介護も一丸となり皆で利用者さんに向き合える職場だと感じました。また、人が好きな人であればきっとやりがいを感じてもらえるといった言葉がパンフレットにもあり、保育士をしていたころから人が好きなので、自分にも合っている職場なのでは、と思いました。
未経験で不安もありましたが、「教える体制は作れるから」と言ってもらうことができ、新卒でしたが、在宅の分野に飛び込みました。
実際に入職してからは、段階を踏みながら様々な利用者さんに密着した支援を丁寧に教わることができており、自分も成長できる喜びがあります。
病棟勤務と比べると医療行為は少ないですが、機会があるときに教えてもらい、今自分ができることを少しずつやらせてもらう看護もいいなと思っています。

 

仕事のやりがい

看護小規模多機能は利用者の方の生活が基本としてあり、その中に看護や介護が入っていけるところが魅力です。利用者の方が家に帰ったとき、ご家族の顔を見た瞬間に表情や声が変わるのを見て、家ってやっぱりいいよねと感じます。そういった変化を感じられることが嬉しく感じます。

 

インタビュー 2020/9