活動内容

  • 配食サービスのお弁当(昼食または夕食)の調理
  • 近隣大家族でのランチを調理

活動の様子

kitchen1

    kitchen2

      kitchen2

      ボランティアさんの声

        • ずっと務めていた職場を69歳で退職し、仕事を辞めてから生活にハリが無くなってしまいました。そんな時に友人から教えてもらった「近隣大家族」に足を運んだところ、キッチンボランティアをやってみないかと誘われて、やってみることにしました。家にいる時とは違って、いい緊張感を持ちながら過ごすことができます。もし退職後に何もしていなかったら、どんどん元気がなくなっていったのではないか思います。これといった趣味もないので、ここに来てボランティアをして、家に戻れば旦那とワンちゃんが私の帰りを待っていてくれる、これが私の「いきがい」になっています。
        • (秋山さん)

      旦那の母がじゃんけんぽん国府でお世話になりました。そのお返しをしようと思っていたところ「近隣大家族」ができたため、私は調理、旦那は配達のボランティアを始めました。当初、平日は毎日通っていましたが、自分の体力や趣味の時間などを考えると、今は週2回がちょうどいいです。ボランティアの時間が終われば、近隣大家族のカフェに集まる仲間とのおしゃべりや趣味を楽しんでいます。ここでは同じ年代の人ばかりではなく、若い人とも交流できるのでとてもいい刺激になります。主婦として、料理の勉強にもなっています。私にとってはこの場所が「心の拠り所」です。どんなかたちでも、通い続けられたらと思います!
      (吉岡ママ)

      ← スタッフの声ホームに戻る